Site Overlay

子どもの表情が大事!卒入学写真のポイント

「子どもや孫の晴れ舞台の写真を残しておきたい」という思いを持つ人も多いのではないでしょうか。長い人生の中でも、幼稚園や保育園、小学校に入園、入学する時期はかけがえのない貴重なものです。親御さんから買ってもらったランドセルやカバンなどを誇らしげに持った子どもたちの表情は、どこまでも明るく周囲の大人たちをも元気付けてくれます。

そんな入園や入学時の記念の一枚を撮影するなら、プロのカメラマンが在籍する写真スタジオに依頼するようにしましょう。もちろん、プロフェッショナルに頼むからには、費用がかかることになりますが、その出来映えの良さは素人レベルとは一線を画します。時が過ぎて子どもたちが自らの幼少期を振り返る時にも、きっと喜んでくれるはずです。「こんな時期もあったんだ」と思い出すと同時に、失いかけたやる気や希望を思い起こすきっかけになるかもしれません。

「でも、具体的にどのスタジオがいいの?」と悩む人も少なくないでしょう。現在、大企業から個人経営に至るまで、さまざまなスタジオが点在しているため、どこにしたら良いかと迷うのも仕方ないことです。気をつけなければいけないポイントは、「自宅に近いから」や「親の代から世話になっていた」などの安易な理由だけで決めてしまうこと。

これでは、大切な子どものせっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。現代社会は、インターネットの普及により、多くの人が情報を共有できる時代です。スタジオについても、口コミや評判はもとより実際に使った人の体験談にも目を通すようにしましょう。とりわけ、撮影の対象が子どもたちになる入学や入園時の撮影では、子どもとのやり取りを得意にするカメラマン若しくはアシスタントが在籍するスタジオがオススメです。撮影に臨む子どもたちにとっては、例え親御さんが近くにいたとしても、慣れないスタジオの雰囲気は緊張するもの。その緊張をほぐしてあげられるような、心配りができるカメラマンこそプロ中のプロです。